診療案内

自費診療

ニンニク注射で疲労回復!

ニンニク注射は、疲労回復にとても有効で、即効性があります。 ニンニク注射に時々ある誤解ですが、ニンニクのすりおろしを注射するのではありません。ビタミンB群、特にビタミンB1が主成分です。ニンニクの主成分で細胞活性化作用や新陳代謝促進作用のある「アリシン」なども含まれています。 ニンニク注射は、疲労回復に有効な成分を十分量注射して一気に効果を上げてしまう方法、と考えるのがよいでしょう。 以下のような方々にお勧めです。

  • 目が疲れて緊張型の頭痛や肩こり、腰痛がある
  • 疲れているのに休む暇のない方
  • 疲れがたまってなかなか抜けない方
  • 夏バテ状態・冷房病・冷え性風邪をひきやすい・・・・などなど、とにかく弱っている方
自費診療

ビタミンB1は、食事で体に取り込んだ糖質を分解し、体や脳が活動するのに必要なエネルギーに変える働きを助けます。ですから不足していると、糖質からエネルギーを取り出せないので元気がでません。

また、ビタミンB1は筋肉にたまる乳酸(疲労物質のひとつ)を取り除いてくれます。ですから不足していると疲れがなかなか回復しません。

ニンニク注射をすると、ビタミンB1に含まれる硫黄の成分がご自身の嗅覚神経を刺激するため、名前の由来になったニンニク臭さを短時間感じます。しかし、息がニンニク臭くなることはありませんから、横にいる人があなたをニンニク臭く感じることはありません。余ったニンニク注射のビタミンB類は尿と一緒に出ていくので、注射しすぎたからと言って副作用はありません。逆にいうとすぐに体外に出て行きやすいので定期的に十分補充しておく必要があります。

ニンニク注射回数の目安は、 1週間に2〜3回程度。ニンニク注射は、疲れたなぁと感じたときに、体の調子に応じて増減されると良いでしょう。

自費診療

1回目
3,300円 (診察料・税込み)
2回目以降
2,800円 (診察料・税込み)

☆上記の2回目以降とは、同月内の実施に限ります。

▲ページトップへ戻る

プラセンタ・肌への効能

プラセンタは美容面から見ても、医療面から見ても様々な効果や効能が期待されていますが、最近特に注目されているのは美肌効果です。

プラセンタとは英語で「胎盤」を意味しています。 治療に使うプラセンタは、胎盤そのものではなく、その中の有効成分や成長因子などを抽出したもので、れっきとした医薬品です。プラセンタ注射は本来、肝機能の改善や更年期障害の治療に用いられてきました。その注射治療を受けた患者さんの多くの方から、美容と健康にさまざまな効果があるとの報告が相次ぎ、医療機関や美容クリニックなどで扱われるようになりました。

プラセンタは人間に必要なタンパク質、脂質、糖質、アミノ酸をはじめ、ミネラル、ビタミン、核酸などの栄養素を成分としています。プラセンタに含まれる成分の働きは、細胞の呼吸を活発にして新陳代謝を高め、皮膚の血行をよくし、肌にハリやツヤを出してくれる効果があります。しみが薄くなりしわも目立たなくなり、さらに美白効果もあるとされています。肌の老化防止効果も認められています。また、プラセンタにはやけどや傷口を早目に直す効能も期待されています。

注射はおよそ1〜2分程度です。

プラセンタの美肌効果を継続的に得るためには、1週間に1度のペースでプラセンタ注射を続けるのが理想的だとされています。ある程度継続すると、肌細胞自体が活性化し、効果が長続きするようになってくるといわれています。こうなれば、注射の間隔も2〜3週間に1度程度でよくなります。効果の発現には個人差がありますので、気長に、定期的に通院することが大切です。

ヒトプラセンタ製剤による感染症発生の報告は過去50年間、国内外ともにありません。

詳しくは http://www.placenta-labo.com/ にある記載を参考になさってください。

自費診療

1回目
2,500円 (診察料・税込み)
2回目以降
2,000円 (診察料・税込み)

☆上記の2回目以降とは、同月内の実施に限ります。

オプション:ビタミンC追加 プラス800円

▲ページトップへ戻る