自費診療

  1. トップ >
  2. 診療案内 >
  3. 自費診療

ニンニク注射

注射は約5分です。
ニンニク注射は、疲労回復にとても有効で、即効性があります。 ニンニク注射に時々ある誤解ですが、ニンニクのすりおろしを注射するのではありません。ビタミンB群、特にビタミンB1・B2が主成分です。ニンニク注射は、疲労回復に有効な成分を十分量注射して一気に効果を上げてしまう方法と考えるのがよいでしょう。 以下のような症状の方にお勧めです。

  • 目の疲れからくる緊張型の頭痛や肩こり、腰痛がある。
  • 疲れているのに休む暇がない。
  • 疲れがたまってなかなか抜けない。
  • 夏バテ・冷房病・冷え性・風邪をひきやすい・・・・など。

ビタミンB1は、食事で体に取り込んだ糖質を分解し、体や脳が活動するのに必要なエネルギーに変える働きを助けます。
ビタミンB1が不足すると、糖質からエネルギーを取り出せないため元気がでません。また、筋肉にたまる乳酸分解にも関係していますので、筋肉痛などの回復が遅れます。

ビタミンB2は、タンパク質や、脂質・糖質の代謝に影響する重要な栄養素です。
ビタミンB2が不足すると、口内炎などができやすくなります。

ニンニク注射をするとで、ビタミンB1に含まれる硫黄の成分がご自身の嗅覚神経を刺激するため、通称の由来となったニンニク臭さを短時間感じます。しかし、息がニンニク臭くなることはなく、隣にいる人があなたにニンニク臭を感じることはありません。

体内で、余ったビタミンB類は尿と一緒に出ていきます。ですから、基本的に副作用はありません。しかし、言い換えれば、体外に出ていきやすいということになります。例に挙げたような症状の方は、定期的に十分補充しておくとよいでしょう。

目的が「今日の疲れを残さない」なら その直後、「明日の頑張り」なら その直前にタイミングよく補充する必要があります。
ニンニク注射の回数の目安について質問をよく受けます。理想の頻度というよりは、「疲れ」を感じたときに、仕事量や家事量などに応じて調節されるのがよいでしょう。

自費診療

  • 1本 1,200円(税込)
  • 2本 2,400円(税込)

プラセンタ注射

プラセンタは、医療面、美容面から見ても様々な効果や効能が期待されています。
最近特に注目されているのは美肌効果です。

プラセンタとは英語で「胎盤」を意味しています。 治療に使うプラセンタは、胎盤そのものではなく、その中の有効成分や成長因子などを抽出したもので、れっきとした医薬品です。
本来は

  • 肝機能障害
  • 更年期障害

に用いられてきました。
その注射治療を受けた患者さんの多くの方から、美容と健康に効果があるとの報告が相次ぎ、医療機関や美容クリニックなどで扱われるようになりました。

プラセンタは人間に必要なタンパク質、脂質、糖質、アミノ酸をはじめ、ミネラル、ビタミン、核酸などの栄養素を成分としています。プラセンタに含まれる成分の働きは、細胞の呼吸を活発にして新陳代謝を高め、皮膚の血行をよくし、肌にハリやツヤを出してくれます。しみが薄くなり、しわも目立たなくなり、さらに、美白効果もあるとされています。肌の老化防止効果も認められています。また、プラセンタにはやけどや傷口を早く直す効能も期待されています。

注射は約3分です。

プラセンタの美肌効果を継続的に得るためには、1週間に1度のペースで注射をするのが理想とされています。ある程度続けると、肌細胞自体が活性化し、効果が長持ちするようになると言われています。効果の発現には個人差がありますので、気長に、定期的に通院することが大切です。

ヒトプラセンタ製剤による感染症発生の報告は過去50年間、国内外ともにありません。
詳しくは、http://www.placenta-labo.com/にある記載を参考にしてください。

自費診療

  • 1本 1,100円(税込)
  • 2本 2,200円(税込)

☆オプション:ビタミンC追加 1本800円(税込)

ビタミン点滴

点滴は約40分です。

ニンニク注射+ビタミンC+プラセンタを点滴にして、一気に体や肌を活性化する方法です。
さらに、確実な効果を求められる方にお勧めです。

自費診療

  • プラセンタ1本+ニンニク2本+ビタミンC1本 4,000円(税込)

☆なお、ニンニク注射、プラセンタ注射、ビタミン点滴は特定の病状がある方には保険で行うこともあります。

ページの先頭に戻る